熊本日英協会(The Kumamoto Japan-British Society)

第二回『英国料理をご一緒に』

昨年、大好評だった「英国料理をご一緒に」の会。

 

今年も平成31年3月7日に、福田病院様のご厚意で開催されました。

 

 

美しいレストラン、器やカトラリーにも感動しつつ、

 

福永明春 料理長(レストラン レ・セゾン)のメニューを心ゆくまで五感で堪能し、、

 

 

 

 

みな大満足!笑顔で会場をあとにすると空には大きな虹が!

 

 

まさに熊本と英国をつなぐ虹の架け橋??

幸せな一日となりました。

 

 

大塚博 福田病院 総料理長

 

熊本日英協会創立25周年記念講演(概要)

『セント・アイヴスと芸術家たち』

 

熊本市現代美術館館長 桜井 武 氏

 

 英国で最も美しい観光地のひとつであるセント・アイヴスは、イングランド南西部のコーンウォール地方の先端に位置し、長年にわたり多くの芸術家を引きつけ、創造行為へとかきたててきた小さな港町です。荒々しい海、白く切り立つ崖、ふくよかで深い緑をたたえた平原、古代文明がいたる所で明滅する大地。そして澄み切った空気と光、それに鮮やかな色彩をみせる劇的な風景は、十九世紀以来、画家、彫刻家、小説家、詩人、そして工芸家たちを魅了し、育んできました。美しく映える海と、古代民族の遺跡が散在するこのあたりは、トリスタン伝説の発祥の地でもあります。

 

 ここを訪れた偉大な芸術家の中には J・M・W・ターナーがおり、この地で彼が描いた水彩画はロンドンのテイト・ギャラリーに残され、今でも見ることができます。そして驚くべきことに、それが描かれた1811年当時と現在の街並みが、ほとんど変わっていないのです。今でもターナーが見た同じ視線で、私たちはセント・アイヴスを見ることができます。

 

 第一次大戦中には小説家D・H・ロレンスが訪れ、その風景の美しさに狂喜し、至福と絶望の入り混じった2年間を過ごしています。1920年には陶芸家バーナード・リーチと浜田庄司がやってきて、セント・アイヴスに登り窯を築きます。これが日本の影響を色濃く帯びたイギリス陶芸の新しい伝統の出発点となり、以来現在にいたるまで陶芸のメッカともなっています。そして20世紀英国美術を代表する女流彫刻家バーバラ・ヘップワースは、ここを制作拠点とし、終の棲家としました。

 

 1993年には瀟洒な海辺の美術館、テイト・ギャラリーの分館がここに建ちました。数世紀にわたりこの地の魅力に捉えられた芸術家達の作品が、それが制作された環境のなかで鑑賞できるのです。セント・アイヴスでは時空を超えて、芸術家達の創造の原点に限りなく近づくことが可能となるのです。

(平成30年12月)

講演中の桜井氏

 

熊本日英協会 会報(vol.41 2018.12.20発行)より

 

熊本日英協会 会報(vol.41 2018.12.20) 発行しました

『日英150年の絆』

熊本日英協会 会長 福田 稠

 

 日本と英国の交流の歴史は長い。近代日本を初めて訪れた国賓は英国王族で、当時のビクトリア女王の次男アルフレッド王子であった。1869年7月、豪州訪問の帰路に立ち寄ったものである。それから今年は150年目にあたる。明治以降の近代日本にとって、「大英帝国」はあらゆる分野において我が国のお手本であった。150年の歴史をふり返ると、日英同盟もあり日英開戦もあり、決してなだらかな道のりばかりではなかった。だた、かかる中でも、皇室の交流をはじめ連綿と両国の交流は続いてきた。

 

 我が国も、21世紀にはいり、長く続いた高度成長期は終わり、経済でいえば停滞の時代にはいっている。かかる時こそ、我が国は英国から学ぶべきではないか。英国には英国病と云われた経済停滞の時代もあった。皇室のスキャンダルもあり、最近は折角加盟したEU離脱で物議を醸している。ただ、これを英国の長い歴史でみれば、美酒が発酵するときの泡立ちの様なもので、豊かな成熟へ向けての一過程とも云える。我が国にとって、経済停滞の時代を社会の成熟の時代に代えるには、英国こそ、よい道標になると思う。

 

 今年は、熊本の日英協会が、創立25周年を迎えた。特別講演として、桜井武熊本市現代美術館館長に「ターナーと現代」と題して、お話頂いた。又、ポール・マデン駐日英国大使にも、遠路、熊本までお運び頂き特別講演をお願いした。副市長にもご出席頂き、多くの会員の参加があり盛大な式典、祝賀会となった。25年前に蒔かれた小さな種が多くの先達の努力によってここまで生き残り実を結んだのである。

 

 誠にささやかな草の根交流だが、多くの方々の参加や御支援によって、我が国と英国の友好親善に少しでも役に立てばと願っている。

(平成30年12月)

熊本日日新聞に掲載されました

熊本日英協会「創立25周年祝賀会」の様子が熊本日日新聞に掲載されました。

 

平成30年7月8日(日)付・朝刊

創立25周年記念祝賀会・開催しました

このたびの豪雨災害にあわれた皆様方に心より御見舞い申し上げます。

 

当地熊本も大雨の中ではありましたが、

熊本日英協会「平成30年度総会」ならびに「創立25周年記念祝賀会」が開催されました。

 

祝賀会では、桜井武・熊本市現代美術館館長をお迎えし「ターナーと現代」と題しご講演いただきました。

アンサンブルグレイスによる歓奏のち、

ご臨席賜ったポール・マデン駐日英国大使より御祝いのスピーチをいただき、

出席者75名の皆様と25周年の喜びを分かち合いました。

 

おいしい料理に歓談も多いに盛り上がり、感謝の夕べとなりました。

あらためて皆様方のご理解ご協力に御礼を申し上げます。

 

 

熊本日英協会「平成30年度総会」ならびに「創立25周年記念祝賀会」

 

日時 平成30年7月6日(金)18時より

会場 鶴屋百貨店 カーネーションサロン

 

(当日の様子)

 

桜井武・熊本市現代美術館館長による講演

 

アンサンブルグレイスによる歓奏

 

ポール・マデン駐日英国大使

 

大使ご夫妻を囲んで(祝賀会では有志によるお抹茶をお出ししました)

 

『英国料理をご一緒に』

春の訪れを感じる今日この頃ですね。

 

平成30年3月5日(月)福田病院レストラン「レ・セゾン」において

『英国料理をご一緒に』というテーマでみなさんと歓談しながら

料理長の大塚氏のメニューに舌鼓を打ち、豊かなひと時を過ごしました。


展望すばらしく、雰囲気のいいレストラン!

そして、なによりも出される見事な料理の品々!

皆さん絶賛しながら美味しくいただきました。

 

熊本日英協会 福田会長のお計らいに敬意を表します。

 

 

講演会のお知らせ

下記のとおり講演会を開催します。

皆様方のお越しをお待ちしております。

 

演 題「Miss Nott と 夏目さん」

講演者 熊本日英協会 理事 小笠原 嘉祐 氏

 

日 時 平成29年10月21日(土) 15:00〜

会 場 ホテルキャッスル クリスタルホール

会 費 1,000円(飲み物代を含む)

熊本日英協会 会報(vol.39 2017.10.05) 発行しました

ごあいさつ
熊本日英協会 会長 福田 稠
 『霧黄なる市に動くや影法師』、夏目漱石がイギリス留学中にロンドンで正岡子規の訃報に接し、高浜虚子に書いた手紙の中の一句です。
今年は、夏目漱石生誕150年にあたり、漱石とゆかりの深い熊本では、数多くの行事が開催されています。漱石は明治33年から35年まで、英国に留学しており、英国との関係の深い作家です。熊本日英協会でも、それらの行事に積極的に参加しています。会員の皆様にもそれぞれのお立場で御協力頂きました。厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年は、熊本日英協会にとりましても特別な年でした。申し上げるまでもなく熊本地震の発災で、震度7の地震が二度襲うと云う未曾有の大震災で、多くの人達が被災し、人的被害も数多くありました。日英協会の皆様の中に被災された方々が多数おられる事と存じます。心よりお見舞い申し上げます。
 熊本日英協会でも、予定しておりました行事を中止せざるを得なくなったものもあり、会員の皆様に御迷惑をおかけ致しました。ただ、発災はや1年6ヶ月、熊本の地も、本格的な復旧、復興のステージにはいってきました。熊本県の蒲島知事は、創造的復旧、復興さらに『Build back better』と唱えておられます。夢のある、以前よりよくなる復旧、復興と言う事でしょうか。熊本日英協会でも、熊本地震の苦しみを大きな糧として、さらに夢のある活動を展開したいと思っています。
 今年度は、役員改選の年で、新しい執行部が誕生致しました。役員一同、会員の皆様のお力添えを得て、様々な活動に意欲的に取り組んで行きたいと思っております。尚一層の御指導、御支援の程お願い致します。
(平成29年10月)

イギリスビールを楽しむ会・開催しました

今年も麦菜館にて「イギリスビールを楽しむ会」を開催し、

美味しい料理となめらかでコクのある「プレミアムエールビール」を堪能しました。

 

会員相互の親睦も深まり、予定時間をチョッとオーバーする盛況ぶり。

 

お土産に季節の梨をプレゼント。

 

次回はクリスマス・パーティでお会いしましょうき

 

 

冬のイギリス菓子を楽しむ会・開催しました

講師に、「トミーズ ショートブレッド ハウス」(熊本市中央区)の ウイルソン・ユキ氏 をお迎えし、
英国デザートの真髄ともいえる「アップルシャルロット」と
スコーンのような焼き菓子「シンギンヒニー」作りを楽しみました。

講師の明るい雰囲気と、
普段あまり口にすることのない英国の伝統的な焼きたてアツアツのお菓子、
それにいっしょにいただく紅茶の温かさ。

冬の午前を心豊かに過ごすことができました。


写真は講師のウイルソン・ユキ氏と「アップルシャルロット」


■日時 平成28年01月23日(土)10:00-12:00

■場所 熊本市男女共同参画センター
はあもにい 食のアトリエ


■熊本日英協会では、熊本に居ながらにして、英国の文化や芸術、美味しいお料理(たまにはビールも?!)を楽しむことができます。

ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。